キャッシング関連用語

キャッシング用語7

キャッシング

キャッシング用語と納骨堂7

ビジネスローン

ビジネスローンとは、中小・零細企業や個人事業主向けの無担保融資のことを言います。
主な対象は年商十億円未満の中小事業者とするケースが多いです。
従業員の給与支払や仕入れ代金を借りたくても、担保不足で銀行から融資が受けられなかった企業に第三者保証なしで融資します。

フリーローン

フリーローンは、その名の通り自由なローンです。住宅ローンや教育ローン、自動車ローン、教育ローン、トラベルローンなどの「目的別ローン」とは違い、原則、借りたお金の使い道は限定されていません。
目的別ローンに比べると金利はやや高めになります。
借入の際には担保などを取らない、無担保のローンの1つです。
保証人も原則は必要ありません。つまりは、借りる人の返済能力や信用力にもとづいて貸してくれるローンです。
そのため、本人の勤務状況などが問われます。

変動型金利ローン

変動型金利ローンとは、返済期間中に、世の中の金利に基づき一定期間ごとに金利の見直しが行われ、金利が変動するローン。
金利が見直されても、返済額の見直しが行われるまでは、同じ金額を返済することになりますが、内訳(元本と利息の割合)が変化します。
また、返済額が見直される時期に仮にローン金利が高くなっていても、直前の返済額の25%アップまでと上限があります。
金利の高い時期には、この変動型金利で借りると金利の低下に伴いメリットがありますが、低金利の時期に利用するとローン金利が上がると、なかなか元金が減らないことになります。

法定利率(法定利息)

法定利率とは法で定められた利率です。
法定利息とも言います。契約時に利率を規定しなかった時に適用されます。
民法では年5%。商法では年6%です。消費者金融などの場合はこれに適用されず利息制限法が適用されます。



キャッシング用語と納骨堂ページTOPに戻る